三井住友カードの7%還元に必須テク!スマホのタッチ決済のやり方!

ポイ活・クレカの活用法

三井住友カードやOliveでVポイントをためるなら、スマホでのタッチ決済は必須です。

なんせ10%還元も当たり前の世界ですからね。

その破壊力については、以前のブログでも紹介していますので、是非ご覧になってください。

ほんとにタッチ決済するだけで、ざくざくポイントがたまっていくので、100万円修行も苦にならない(気のせい?)のですが、ただ、VISAのタッチ決済、しかもスマホでとなると、スイカやPay系に比べあまり浸透していない感があります。

タッチ決済って一体、どうすりゃいいよのよと不安な方も多いと思います。

私はこの1年、実際にタッチ決済を使い続けましたが、店員さんに「???」な顔をされたり、「なにゆうてんの?」とまでは言われなくても、使えるはずなのに「使えません」と言われたり、レジの前で支払うまでに数分かかったりと、様々な苦難を乗り越えてまいりました。

その結果、今ではほぼ全ての対象店舗で、ほぼほぼ問題なしでタッチしまくりです。

もちろん浸透した結果だとは思いますが、店員さんも新しい人なんかは、あらゆる決済方法を全て覚えているわけではありません。

それでも、こうすれば大体スムーズに行くなという方法が分かってきたので、皆さんも参考にしてもらえればと思います。

ただあくまで私の経験則に基づく方法ですので、間違えていたらお許しください。

この記事は、アフィリエイト広告を利用しています。

スマホでのタッチ決済をするための準備

私はOliveフレキシブルペイGOLD(VISA)と三井住友カードゴールドを利用していますので、基本的にはそのやり方になりますが、他のカードでも大体同じだと思います。

まず三井住友カードのタッチ決済には、2種類あります。

カード本体でタッチするパターンとスマホにカード情報を入れてスマホでタッチするパターンです。

最大限タッチ決済の恩恵を受けるには基本的にスマホでのタッチ決済が必要となっています。

現在はカードでのタッチなら5%・スマホでのタッチなら7%ですが、これは結構頻繁に変わります。もしかしたら今後スマホでのタッチのみなんてこともありえます

カードでのタッチはいいとして、スマホでのタッチは最初は苦労します。

最初にアンドロイドのスマホならGoogleウォレット(Google Pay)での設定が必要ですが、簡単ですのでぜひカードでのタッチ決済ではなく、スマホでのタッチ決済をおススメします。1度設定してしまえば、あとはひたすらスマホをかざすだけです。

設定方法は以下のサイトを参考にしてみてください。

VPassアプリからの設定(簡単です)

Visaのタッチ決済を Google Pay™ で使おう。
三井住友カードなら、Visaのタッチ決済が Google Pay™ で利用可能!あなたの Android デバイスでさらに安心・安全・お得にキャッシュレス決済を体験できます。

複数枚クレジットカードがある場合などはGoogleウォレットでの設定も必要になります

スマートフォンでタッチ決済を行う - Googleウォレット ヘルプ
Google ウォレットでは、スマートフォンを使って商品やサービスの代金をお支払いいただけます。 Google ウォレットを利用できる場所 重要: 非接触型決済を行うには、近距離無線通信(NFC)をオンにする必要があります。NFC をオンに...

タッチ決済ができる店を見分ける方法は?

特典の対象店舗なら100%どんなことがあってもスマホでのタッチ決済が出来ますので、自信を持って「クレジットのタッチで」と言いましょう。

ただ、他の店の場合、タッチ決済が出来るかよくわからない事があります。

最近はレジの前などに使える決済方法がマークで書かれていますが、下記のようなVISAタッチ決済の分かりやすい表記はあまりないんです。

公式的にはこちらのマークのようなんですが、実際このマークがなくても使える店は多いです。

そんな時は「クレジットのタッチは使えますか?」と聞きましょう。

使えるということであれば、大抵の場合はクレジットカードを刺す端末の上にスマホをかざして、スマホ画面にカードが現れたら決済できという事になります。

公式HPより

最近は100万円修行のため、特典対象店舗以外でもタッチ決済をすることが多いのですが、意外と使える店が多いなと感じています。

店員さんに何と言えばいい?

上記でも触れましたが、基本的には「クレジットのタッチ決済で」といえば、99%通じます。

公式HPには「VISAのタッチ決済」となっていますが、感覚的には「クレジットのタッチ決済で」といった方が話がスムーズな気がします。

煩わしい方は「クレジットで」だけでも80%以上のお店は大丈夫です。たまにタッチですかと聞かれますが…

たいていはクレジットカードを刺す端末の上にかざせば決済ができますが、ただ紛らわしいクレジット端末もあります。

いかにもタッチ出来そうなのにできないというパターンもあります。

ちなみによく見かけるこんな感じの端末なら、ほぼタッチ決済はできないです。

ただ別の場所にタッチできる場合もあるので、怪しげなときは、やっぱり「クレジットのタッチはできますか」と聞くのがいいでしょう。

一方「タッチ決済で」だけでは、通じないことが多いと思います。

これはSuica・nanaco・WAONなどもタッチ決済のため、区別がつかないためだと思われます。

セブンのレジ端末どこを押せばいい?

特典の対象店舗の一つ、セブンイレブンはほとんどのお店が自分で決済方法を選ぶレジが導入されています。

このレジの場合は、お会計画面で「クレジット」を選んで、タッチする部分にスマホをかざせば、支払い完了です。

最初にスマホでのタッチ決済がちゃんと機能しているのか不安な方は、セブンのレジで試してみれば、ちゃんと支払えるかどうか確認することができると思います。

スマホが反応しないケースも・・・

実はスマホのタッチ決済には、いくつかの落とし穴があります。

いつもなら使えるはずなのに、なぜかエラーになってしまうってことがあるんです。

私も何度か経験して、あたふたしました。

まず1つ目が、スマホの画面がスリープ状態(ロック解除していない状態)では、使用できないことがあります。(ほとんど無理です)

ですので、タッチ決済をするときは、必ずスマホのロックを解除した状態でタッチします。

これはおそらく、タッチした際には、カードの画像が自動的にスマホ画面に表示されるのですが、ロック状態だと表示ができないためだと思われます。

もう一つの落とし穴は・・・

Amazon Musicのバックグラウンド再生でブルートゥースイヤホンで音楽を聞きながら、タッチ決済をしようとしたら、エラーになったことがありました。

このときは、慌ててアマゾンミュージックを閉じたら、タッチ決済をすることができました。

Vポイント還元の注意点

ちなみ以前の私は知らなかったのですが、三井住友カードをお得に作る方法もあります。

三井住友カードや三井住友カードゴールド、三井住友カードプラチナプリファードを作るなら、断然モッピー経由がお得なんです。

現時点で、三井住友カードで1500ポイント、三井住友カードゴールドで2000ポイント、三井住友カードプラチナプリファードで3000ポイント貰えます。(獲得できるポイント数は、モッピーのサイトで最新の情報を確認して下さい)

うまく行けば、カードがやっている入会特典キャンペーンとのポイント二重取りも可能です。

実際、私も証券口座を作るときは、多少面倒くさくてもモッピーを利用しました。

モッピーのポイントは現金化も可能ですし、マイルなど様々なポイントに交換が可能なので、利便性も高いと思います。

下記バナーから登録すると条件クリアでさらに2000ポイント貰えるので超お得です。是非利用してみて下さい。

クレカ発行でも口座開設でも!モッピーなら特典とポイントをまとめてGET!

何度も繰り返しになりますが、三井住友カードをお持ちの方は、タッチ決済の還元率アップには、スマホでのタッチ決済が必要です。

さらに還元率を最大限まで高めるためには、Oliveアカウントを作って、ポイントアッププログラムを発動しなければなりません。

Oliveアカウントを作るのはもちろん無料ですが、唯一のネックは三井住友銀行の口座が必要なことです。

クレカの引き落しも三井住友銀行しか選べないはずです。

メインの口座が他行という人には、ややめんどくさいですね。

とはいえ、Oliveアカウントを作るだけで、選べる特典と毎月ログインでプラス2%は確実ですので、タッチ決済の還元率と合わせると9%還元は保証されます。

ということで可能ならば、すぐにでもOliveアカウントを作ったほうがいいと思います。

紹介プログラムを使えば1000円相当のVポイントがもらえるキャンペーンもやっているので活用してみてはどうでしょうか?

紹介コードは「FF90860-3263321」です。

1、紹介コードをコピーして、こちらからエントリーしてください。

2,Oliveアカウントを三井住友銀行アプリから申込み。

3,契約日の翌月末時点での円預金残高10,000円以上になるようにOliveアカウントに入金!

4,特典の受取 ①~③までの手順を達成した翌月末までに1,000円相当のⅤポイントが付与されるそうです。

手順を間違えると、もらい損ねる可能性があるので、HPなど確認の上申し込んで下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました